プテナフィン配合だから効く!ロテュリミンウルトラいんきん用

 

いんきんの悩みを抱えている方。
いんきんはカビが原因で発症する病ということをご存知でしょうか?
カビというと、食品やお風呂場などに生えるイメージが強いかと思いますが、実は人体にもカビは発生します。
一般的に知られているカビの病というと水虫ですが、いんきんもそのひとつに数えられるのです。
水虫といんきんは同じ菌を原因にカビを発生させてしまいます。
その菌は白癬菌と呼ばれるカビ菌の一種で、高温で湿度の高い状態が続くと、この菌が幅を利かせるようになります。
例えば、お風呂場にカビが生えやすいのも高温で湿度の高い環境が揃っているからこそで、これは人体でも同じことが言えるのです。
水虫というと足の指にできるイメージが強いですが、白癬菌は同様の条件が揃いやすい陰部にも繁殖するケースがあります。
これこそがいんきんと呼ばれる症状で、強いかゆみを伴うのが特徴的な病です。
でもだからと言って、水虫の薬をいんきんに使用することはお勧めできません。
いんきんにはいんきん用の薬を塗布し、根気良く治療を続けていくことが早期治療する上でのポイントであることを知ってもらえたらと思います。
そんないんきん治療にお勧めできるのが、ロテュリミンウルトラいんきん用です。
白癬菌を集中的に殺菌することができる成分プテナフィンが配合され、短期間でいんきんの症状を抑えることができます。
また、ロテュリミンを塗布するだけではなく、高温多湿の環境を作らないための工夫をすることも早期治療には大きなポイントとなるでしょう。

 

美白をすると乾燥しやすい

美白をすると乾燥する!
そんな悩みを持ったことはありませんか?
私は20代になってから、「あれ?
乾燥するな〜」って思いはじめました。
特に長年使っていた雪肌精の青ボトル!
これまではさっぱりした使用感で、おまけに透明感も出てきたので、すごく気に入っていたんです!
ところが、美白をすればするほど、なんだか肌が乾燥気味に・・・。
加齢の影響もあり、美白ケアでは保湿力が十分に感じれなくなってきました。
やはり肌が乾燥してくると、メイクのノリが悪くなってしまうので、非常に困ってしまいます。
粉を拭いたようにカサカサしたり、冬場はやっぱり嫌になってしまいますよね。
だからこそ、乾燥肌には、リキッドファンデが良いのかもしれません。
肌を白くしたいのであれば、やはり出来るだけ保湿も考えたケアを同時にしないといけないと思います。
女性は結局、見た目年齢が大事になってくる部分が大きいです。
いくつになっても美しい姿でいたいと思いますが、それでもいつかは限界が来ると思います。
しかし、毎日丁寧にスキンケアをしていることで、加齢による劣化は遅らせることもできます。
加齢による劣化を遅らせるためには、保湿が欠かせないので、しっかり肌をケアしましょう。